佐藤拓馬の「お勝手になさい。」

かもめのジョナサン

b0086821_2132615.jpg
何かで聞いたことがあった本の名前で、ふらっと入った本屋で買って読みました。
アメリカで1970年に出版。日本では五木寛之が訳して、1974年に出版され、120万部のベストセラーになったそうです。あとがきで、現代の「星の王子さま」みたいな本だと、五木氏は人づてに聞かされて手に取ったようです。
著者のリチャード・バックは、「星の王子さま」のサン・テグジュペリと同じく、プロの飛行機乗りだったとのこと。アメリカ西海岸のヒッピーたちがひそかに回し読みしていて、それが何年かたって爆発的に読まれるようになったそうです。

かもめのジョナサンは、変わりもので、漁船が魚を集めるためにまく餌を横取りするために飛行する、つまり食べることのためだけに飛ぶかもめの群れからはずれ、純粋にさまざまな飛行の練習に明け暮れる。
ある日、限界速度での飛行に成功したが、評議集会にかけられ、
「思慮を欠いた無責任な行為のゆえに、カモメ一族の尊厳と伝統を汚した」として
遥かなる崖での一人暮らしの流刑に処されてしまう。
そこでも、一人たくましく更なる飛行技術の鍛錬の生活を送る。
そこへ、輝く二羽のかもめがやってきて、ジョナサンを「あなたをもっと高いところへ、あなたの本当のふるさとへ連れていくためにきた」と空のかなたへと連れて行く。そこには、ジョナサンと同じ考えを持った、飛ぶことを追求するカモメたちがいた。そこで、ジョナサンはさらなる技術を身につけ、ついにはチャンという長老カモメから瞬間移動(時空を瞬間に超えてしまう技)までも身につけてしまう。この後、ジョナサンは「他者を愛せよ」と指示され、自分を追放した群れのそばに戻り、後輩の教育にあたっていくという話です。不思議な話なのですが、つまらない常識をこわそうとする考えに共感ができました。
以下心に残った部分を抜粋してみました。

---------------------------------------------------------------------------------

「いまの生活のあとにはいったい何がおこるのでしょうか?そして、わたしたちはどこへ行くのでしょう?そもそも天国などというものは、本当はどこにもないんじゃありませんか?」
「その通りだ、ジョナサン、そんなところなどありはせぬ。天国とは、場所ではない。時間でもない。天国とはすなわち、完全なる境地のことなのだから。」


チャンの語るところによれば、瞬間移動の秘訣は、まずジョナサン自身が自分のことを、限られた能力しかもたぬ肉体の中にとじこめられている哀れな存在と考えるのをやめることにあった。たかだか1メートルあまりの翼長と、せいぜい飛行地図に書きこめる程度の飛翔力しか持たぬカモメの肉体に心をとらわれるな、というのである。


「さようなら、サリー。また会おう」そう言うと、ジョナサンは心の中で、以前の海岸に集っている厖大(ぼうだい)なカモメの群れの姿を思い描いた。そして彼はすっかり身についたやり方で自分は骨と羽毛のかたまりではない、なにものにもとらわれぬ自由と飛行の完全な精神なのだ、と念じた。


「それは目に見える形をとった、きみたちの思考そのものにすぎない。思考の鎖を断つのだ。そうすれば肉体の鎖も断つことになる、、、」


「どうしてあなたは、われわれもあなたのように飛べると思うんです?」別の声があがった。「あなたは他の鳥とはちがうんだ。特別な、才能に恵まれた、神聖なカモメなんじゃありませんか」
「フレッチャーを見たまえ!ローエルを!チャールズ=ローランドも!ジュディ=リーをごらん!彼らもみんな特別な、才能に恵まれたカモメかね?きみたちと同じなんだ。わたしとも同じだ。ひとつ違うのは、たったひとつだけ違っているのは、彼らは本当の自分というものを理解しはじめていて、そのための練習をすでに始めているということだけなのだ」


ジョナサンはため息をついた。誤解されるというのはこういうことなのだと、と、彼は思った。
噂というやつは、誰かを悪魔にしちまうか神様にまつりあげてしまうかのどちらかだ。


おぼえているかね、われわれの肉体は思考そのものであって、それ以外のなにものでもないんだということを。


(フレッチャーに対し)
もうきみにはわたしは必要じゃないんだよ。きみに必要なのは、毎日すこしずつ、自分が真の、無限なるフレッチャーであると発見しつづけることなのだ。そのフレッチャーがきみの教師だ。きみに必要なのは、その師の言葉を理解し、その命ずるところを行うことなのだ。


わかったな、フレッチ。きみの目が教えてくれることを信じてはいかんぞ。目に見えるものには、みんな限りがある。きみの心の目で見るのだ。すでに自分が知っているものを探すのだ。そうすればいかに飛ぶかが発見できるだろう。


---------------------------------------------------------------------------------


b0086821_2361687.jpg

P.S.
久々にカレー作りました。いつもはジャワカレーなんですけど、
いままでありそうで無かった?デミグラス入りカレー「デミカレー」を見つけました。前からありました?僕は初めて見たんですけれど。
濃いいカレーが好きな人にはおすすめですね。
by sattak1974 | 2008-08-05 02:41
<< 63年目の広島原爆の日 jaja@岐阜めいほう高原音楽... >>



日記や活動予定などを載せていきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31