佐藤拓馬の「お勝手になさい。」

新小岩 ひき多



父と新小岩の「ひき多」という割烹料理店に行きました。
開店当初から父が通っているという店。
もう20数年のつきあいらしい。
亡くなったおじいちゃんが、築地の市場に店を持っていた。
佐藤長治(ちょうじ)という名前からとって「佐長」(さちょう)。
長男の明さんが(父の兄)、引き継いでいた店とマスターが、仕事の関係があったので、父もこの店に通うようになったというわけ。
毎年実家には年賀状が来る。
たまに父が遊びにいく店らしいことは知っていたのですが、今日初めて連れて行ってもらいました。

父は、製版業をずっとやってきて(ポスターやカタログなどの版を作る仕事)、子育てが落ち着いてきたころから、自宅でゴリゴリ彫刻刀で木を削るようになって、もう何年になるか、版画をやっていて、確実にステップを踏んでいるよう。
今回も「自由美術」の展覧会に出品しているらしい。

新国立美術館

今日は、父はその会場に行ってきたという。
新小岩で待ち合わせて、「ひき多」に。

松茸、はも、海老の土瓶蒸し
b0086821_23255562.jpg


いかの塩辛、鶏肉でおこわを巻いてあるもの。
お米の穂を揚げてあるのも、おいしかった。
b0086821_2327325.jpg


他に、かつおのお造り、さんまの塩焼き、豚肉とごぼうの柳川、鯨ベーコンなどなど。
合間に、おつまみが数点。シメのつけめんにデザートまで。
こちらの食べ進めに合わせてだしてくれる。
付け合わせやお皿も素晴らしい。
お店には4時間くらいいたな〜。
いればずーっと何かが出てくる。
サイフが許せば、いくらでも。。(笑)

父には、ラーメンで満足しちゃいかん。もっと上を目指せと活を入れられる。。
父とも母とも、会えば、いつもそうだ。
もっと充実させなければ。
おもしろい親だ。もっとおもしろい子供であろう。
頑張ろう。

食べてもおいしそうなマスター(じゃないとダメだと自分で言ってたマスター。笑)
b0086821_23252547.jpg

by sattak1974 | 2010-09-29 23:58
<< jaja@着物イベントin京都 シンセサイザー・フェスタ2010 >>



日記や活動予定などを載せていきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30