佐藤拓馬の「お勝手になさい。」

ダブさん

ダブマスターエックスさん(宮崎泉/ミュートビートやってた人)から、ごくたまにですが、電話がありまして、ピアノ弾奏の依頼をいただきます。久しぶりに昨日ありました。

ダブさんは、ジャングルスマイルのツアーでPAエンジニアとして参加されていて(曲によっては、あるパートをディレイで飛ばすなど、バンドメンバーのようなスタンスでした。)、私はキーボードで参加しまして、初めてご一緒させていただきました。私はバンドの中でも、一番シタッパで、経験も浅く(今もまだそんなでもないけど。笑)いっぱいいっぱいで、ダブさんにもあまり褒められなかった。

それから数年して、ある日突然ダブさんから電話がかかってきました。
「佐藤くん、ピアノ弾いてくれないかな。」
「えーっ?、あ、はい。やります!」

1回目はダブさんのお宅に行って、キーボードを弾いてきました。たしか車のビデオCMでした。所蔵しているレコードの多いこと。で、参考曲といってかけてくれる曲の数々のオシャレなこと!。(ダブさんのモニターで聞いたから良く聞こえたのかな。でも楽曲的にもオシャレ。これを知らない私は、かなりまずいなーくらいに思いました。相変わらず音楽の聞き方が足りない私でありますが、その時は、もっとすごい世界はあるのだということを感じました。)

その後は、自宅で弾いて、データをネットで送ってというやり方で(お会いせずに)いくつか仕事をいただきました。アーティストのリミックスやCM音楽など。
仮段階でも、ダブさんの作るトラックはすでにかっこいいのです。そこへのせちゃっていいんですか?と思いつつ、いいフレーズはないかと考えるのが楽しいのです。
あと、いつも参考曲を添付していただけるのが、私としてはとても助かります。
お金が貰える、プロからプロへの授業といった感じなのです。
おいおいそんなんが、CDになってるのかと心配するかもしれませんが、大丈夫。
毎回、バッチシ!っておっしゃっていただけているので、とてもありがたいことです。
by sattak1974 | 2007-09-19 18:16
<< 余命1ヶ月の花嫁 教会ライブ >>



日記や活動予定などを載せていきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31