佐藤拓馬の「お勝手になさい。」

東京都写真美術館



恵比寿ガーデンプレイスにある、写真美術館に初めて行ってみた。


b0086821_18175952.jpg

2Fの「ラブズ・ボディ」と3Fの「二十世紀肖像」ともに見てみました。
個人的には、3Fのが(500円!)面白かった〜。


マン・レイ、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ・ブレッソン、土門拳、荒木経惟、篠山紀信、森村泰昌などの名前はなんとなく知ってました。
展覧会の趣旨から、最近の写真家の作品はなかったですね。
どれも吸い寄せられる、素晴らしい写真でした。


ピカソ、ストラビンスキー、マリリンモンロー、日本の映画女優や作家、生き生きとした民衆の写真などが174点。
どこかで見た事がある写真がいくつかありました。

アラーキーのは、「東京日和」という映画にもなった、奥さんとの旅の写真でしたね。


入り口につながる長い廊下
b0086821_18181668.jpg


廊下に貼ってあった、戦場カメラマンだったロバートキャパの引き延ばされた写真
b0086821_181833100.jpg
他の写真家の2点がその左右に。僕の手でもちょっとブレているけど(笑)、そもそもブレている写真なんです。それが波の泡の動きや、戦場の緊張を表しているように感じます。ノルマンディー上陸作戦。兵士はパラシュートで海に降りたらしい。ならキャパも?あたりまえか。。


P.S.
ネットに転がってた。
マン・レイの写真(これありました)
b0086821_016339.jpg

ユージン・スミスという、この方も戦争カメラマンらしく、沖縄戦を取材したあとに、この写真を撮ったらしい。「楽園への歩み」(これもありました。)
b0086821_0161238.jpg
本人もこの兄弟?に救われたのでは?

でもやっぱ現物をみると、もっといろんなものが伝わってきますね。
最初の写真のポスターの左の女性は、日本の女優さんなんですが、(福田勝治という写真家)陰影がほんとにキレイでした。。
瞳の中に映り込んでいるものまで覗き込みましたよ。(笑)
b0086821_1275238.jpg


エリオットアーウィットの「ニューヨーク」っていう写真もすてきだったなぁ。
裸のあかちゃんがベットにうつぶせになっていて、お母さんが顔を近づけている写真でした。

エリオット・アーウィット

今回は展示されていませんでしたが、「くしゃおじさん」の愛称のこの写真は
b0086821_12553.jpg
アンリ・カルティエ=ブレッソンだったのか。(笑)

アーノルドニューマンによるストラビンスキーの写真
b0086821_1142483.jpg

by sattak1974 | 2010-10-14 18:41
<< jaja in 岐阜&大阪 。。。 >>



日記や活動予定などを載せていきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31